今何故シェアハウスか

ここ数年シェアハウスに人気が集中していますが、テレビドラマの影響もさることながら、合理的だという理由で評価されているのです。シェアハウスを出会いの場としてみると、現実はドラマの様にはいきません。同じ屋根の下に全く気の合わない住人がいる可能性もあるのです。そんなリスクがあることは誰でも想像できるはずですが、それでもシェアハウスを選ぶのは何故でしょう。

以前、ネットカフェを経営する企業が経営するシェアハウスが、法令違反でニュースになりましたが、脱法ハウスとして問題になっています。
その空間がオフィスなのか、住居なのか、宿泊施設なのかの定義が難しい曖昧な状態が特徴で、レンタルオフィスと銘打って実は住居として使われているなど法の網目を潜り抜ける運営も無きにしも非ずです。

しかしながら、一般的にシェアハウスと言えば、水回りやリビングなどをシェアし、個々人の部屋を持つというスタイルで、家賃を低く抑えることが可能であるというメリットがあります。
ただ、単に合理的であるというだけでなく、そこには人との出会いや繋がりが生まれ、共同生活を行うことで助け合えるメリットがあるのです。都市部では失われつつある近所づきあいですが、一軒の家の中で他人と共同生活をする事で、新しい形の生活共同体が生まれるのです。コミュニティーを家の外ではなく内に造ることでどんな可能性が生じるのか、様々な視点で注目されています。

このサイトでは、中でも外国人向けのシェアハウスや、外国人と共同生活を送れるシェアハウスについてご紹介します。